新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

症状改善例

【ヨガ】「猫のポーズ」が出来ると、肩こり解消するし、猫背は治るしで、いいことずくめですよー‼

こんにちは!

『明日をちょっと快適にする』柔道整復師
"しなやかフィジカルセラピスト"の奥村です!!

 

今回は「猫のポーズ」のお話。
肩こりに悩んでいる方は、
ぜひ、身に着けていただきたいアーサナですね⤴


狙いは、背骨と肩甲骨を緩めていきます!
もっと厳密に言うと、
・脊柱起立筋
・僧帽筋上部
・大菱形筋
などがメインターゲットになります⤴

Inked筋背面_LI.jpg

ちょっとコツがいるんで、
最初は難しいかもしれないですが、
肩こりや猫背改善に効果大です(^o^)/

イメージは、
"肩甲骨と肩甲骨の間に、背骨を落とし込む"
感じ。

正直、この感じを掴むまでがちょっと大変…

でも、背骨を落とし込む感覚が身に付けば、
深部の筋肉を緩めることができるので、
劇的に首~背中周りが軽くなります!!

 

やってみてわからなかったら、
いつでも連絡ください(^_^)

【腰痛】圧迫骨折による後遺症の腰痛も、姿勢を整えて改善してきました!!

こんにちは!

『明日をちょっと快適にする治療』を積み重ねる柔道整復師
"しなやかフィジカルセラピスト"の奥村です!!

 

本日もブログを読んでくださり、
本当にありがとうございます!

 

十数年前に胸椎と腰椎の圧迫骨折をした患者さん。
 

もう何年も腰と背中が痛くて、
毎日ベットに横になるのも、
朝起き上がるのも、
長時間歩くのもツラい、
笑ったり、くしゃみをするだけでも痛い。

 

「もう何件整骨院行ったか数え切れんわ…」

なんて、かなり諦めムード…

 

圧迫骨折をした背骨がガチガチに固まっていて、
固まっている背骨を動かすと骨が軋んで痛い。

例えると、ずっとギブスで曲げたまま固定していた肘を、
無理やり伸ばす時のような痛みが起きる。

そんな痛みが背骨を動かすたびに起きる。

施術ベットに横になってもらうだけで顔をしかめて、
横になるまでに5分以上はかかります。
※最初はこんな感じで横になってもらうだけでも大変でした。

むしろ最初は座ったまま施術をしていました。

S_8467315757728_R.jpg

これだけ長い時間固まってしまった背骨は、
さすがに1~2回の施術では柔らかさを取り戻すことはできません。

 

状態をしっかり説明して、
改善には時間がかかることも伝え、
どういうプロセスで治療を進めていくかを提案して、
少し不安が残りながらも治療を受けることを承諾していただきました。

 

そして今日が10回目の治療。
ここまで改善することが出来ました!!

姿勢変化_R.jpg

まだまだ背骨の硬さは残っていますが、
生活の中での痛みはかなり減っているみたいで、
ご家族が姿勢の変化を喜んでくれているそうです!

 

ご本人からも「来るたびに良くなっているのが分かる」と、
言っていただけているので、
最後まで責任をもって治療させて頂きたいと思います!!

 

諦めずに一緒に頑張っていきましょう!

【頚部痛】「力を抜いて筋トレしないと、首を痛めますよー」って話。

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は、
「そんなことあるの⁉」って、
思われる方もいるかもですね⤴

そんなことあるんです(^_^)

 

内容と結論をサクッと言ってしまうと、
"腹筋トレーニングで力を入れすぎて、首を痛めた"
というお話です。

 

【患者様情報】
・40代男性 デスクワーク
・ランナー
・ジムで筋トレ
・夏までに腹筋を割りたい

【症状】
・慢性肩こり
・朝起きたら首が動かない

・左回旋で右頚部から肩甲骨まで痛む
・腕は上がる
・咳をすると痛む

 

この方は最近腹筋を頑張り始めました。
そんなにお腹が出ている印象ではないですが、
夏までに腹筋を割ることが目標みたいです。

 

ですがその腹筋を頑張りすぎて
首を寝違えてしまいました。

 

実際に腹筋のフォームを見せてもらうと、
腹筋(上体起こし)の際に、
ものすごく首~ももの前の筋肉に力が入ってました。
(コレが原因です↑)

 

腹筋を鍛えようとしているのに、
腹筋を使って上体を起こせてなかったんです。

 

そんな腹筋のやり方で、
1日100回も上体起こしをしていたので、
首~ももの前の筋膜が過緊張して、
首を痛めてしまいました。

腹筋を鍛えたいのであれば、
しっかりとピンポイントで腹筋を使わないと
望む効果は得られません。
さらにはカラダを痛めてしまいます。

 

筋トレは、
"鍛えたいところにだけ力を入れる"が、
大大大大大基本です!!

闇雲に筋トレしても、
効果が出ないのは、
この大基本を知らないからなんですよね。

まずは、
「自分のカラダのどこに力が入っているか?」を、
正確に把握することから始めてみてください!!

遠回りなようで、コレが効率を上げる"コツ"ですよ!(^^)!

【五十肩】同じ症状の患者さんの共通点から見えた、"五十肩の根本原因"はコレ!

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は
「肩を動かすと腕が痛い」という、
2人の患者さんの共通点を探ってみたいと思います。

 

まず、共通しているのは
「肩を動かすと腕の外側が痛い」
という主訴。

 

【患者様情報①】

50代女性 百貨店勤務
・小柄
慢性肩こり
・重いものを持つことも多い

【症状】
・左腕を動かすと痛い
腕を90度くらいまで上げると痛い
・手を後ろに回すと痛い
腕の外側が痛い
肩から首筋までがすごく張る

 

【患者様情報②】

50代女性 デスクワーク多い
・同じ姿勢でいることが多い
・最近運動できてない(ゴルフ)
・慢性腰痛
慢性肩こり

【症状】
・右腕を動かすと痛い
90度まで上げると痛い
・後ろの物を取ろうとすると痛い
腕の外側が痛い
肩から首筋までがすごく張る


結論と共通点を簡単にまとめると、
・五十代女性
・慢性肩こり
・腕の外側が痛い

そして重要なポイントが、

「肩甲骨が動いていない」

ということです。

 

肩を動かしたり、腕を動かしたりする時に
肩甲骨がスムーズに動かないので、
腕の外側の筋肉を無理に使って動かしていました。

「腕の外側の痛み」は、
首筋~手の親指にかけての、
筋膜の硬さが原因です。

そして、"筋膜を硬くした原因"が、
「肩甲骨が動いてない」ということになります。

なので、
本当に根っこから腕の外側や、肩の痛みを取りたかったら、
「筋膜が硬くならないような肩甲骨の動き」を、
取り戻さないといけませんね⤴

 

「痛みの原因を生み出した原因」を解消してこそ、
「本当に治った」と言えるんじゃないでしょうか。

【ぎっくり腰】40代男性 歩くのもつらいぎっくり腰にレッドコード治療

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は年末にぎっくり腰になった患者さんの話。
かなり忙しくて仕事で無理をしたらしく、
見事に腰を曲げて来院されました。

【患者様情報】
・40代男性 作業仕事(経営者)
・昼夜問わず作業アリ
・12月は特に忙しい
何度もぎっくり腰を経験している
歩けなくなるギリギリまで我慢しちゃう…

【症状】
・背筋を伸ばして歩けない
・車から降りるのに15分かかる
・腰が伸びない
・すり足歩きしかできない

かなり痛々しいですね…
まずは痛みを何とかしなければ!!

ということで、レッドコードで
大腰筋腰背筋膜を緩めていきます!

いきなりベッドに横になるのが難しい場合は、
座ったまま治療を開始します。

ベッドに横になれるようになったら、
また更に深く治療をしていく流れですね⤴

 

治療の後は笑顔が戻って、
かなり軽快に歩けるようになってました!

本当はもう少し期間を詰めて治療をさせてもらいたいんですが、
お仕事も大変みたいですからね…

時には我慢しなくちゃいけないこともあると思いますが、
爆発する前に来てくださいね!

【肩こり】ヨガ棒を使って肩こり改善!肩甲骨を動かせば胸が開く!

こんにちは!フィジラボです!

 

 

今回は「ヨガ棒」を使った運動療法です!

・肩こり
・猫背
・ストレートネック
・五十肩

などは、
小胸筋という胸と肩の間にある筋肉が硬くなり、
肩甲骨が自由に動かなくなることで起こります。

いわゆる「巻き肩」と言われるのもコレ↑ですね。

 

そんな方におススメしたいのが「ヨガ棒」!!
"棒を担いだままヨガをする"という、
かなり斬新で、肩こりが抜群に軽くなる様子がコチラ↓

「ヨガ棒」を使うと棒が勝手に胸を開いてくれたり、
肩甲骨を動かしてくれるので、
「肩甲骨が浮いてる⁈」
という状態に導いてくれます!

・自分で動かそうとしてもよく分からない
・どの運動が正しいのか分からない
・動かして痛めてしまうのが怖い

などの不安をお持ちの方は、
是非「ヨガ棒」を体験してみてください(^_^)

 

 

【股関節】足首のズレは、重心が傾いて、股関節を痛くする可能性がありますよー。

こんにちは!フィジラボです!

 

今回の記事では、
足首が腰痛や股関節痛、
姿勢に与える影響を知ってもらえたらと思います!!

先日来ていただいた、新患さんを例にお話します⤴
(写真は撮らせてもらったのですが、
 ブログに載せても良いかを聞き忘れました…)

 

【患者様情報】
・50代女性
・細身
・長時間立っていることが多い

【症状】
・疲労が溜まると痛くなる
・激痛の日がある
・まったく痛くない日もある
・骨盤がフラフラする感じがする

 

結論としては、

「右足首の関節のズレで、重心が傾き、
右の股関節に体重がたくさんかかってた」


という感じです⤴

 

なので、治療的なことを言うと、
"どんなに右股関節を治療しても、
根本的な原因である右足首を治療しないと治らない"

ということになります。

だって、"右足首が根本原因"ですもんね。

 

今回は、患者さんともしっかりお話をして、
"根本原因の右足首"の治療もしていく前提で、
まずは「右股関節周りやお尻の筋肉」を緩めていきました。

 

ちゃんとお互いに共通理解・納得してから、
一緒に改善に向かっていきたいですね(^_^)

将来的にヨガをやりたいそうなので、
まずはしっかりカラダを整えていきましょう!

【頚部痛】「上を向くと首の後ろが詰まる感じがする」ならココを緩めよう!!

こんにちは!フィジラボです!

 

今回ご紹介する動画は、
慢性的に首が痛い方や
首から顎まわりに違和感がある方に、
ぜひ体験してほしい内容です!!

 

「上を向くと首の後ろが詰まる」
「寝ている時に歯を食いしばっている」
「アゴ周りが張ってる気がする」

なんて方には、
頚長筋という筋肉を緩めていきます!

この筋肉ですね↓

IMG-2253_R.JPG

この筋肉が硬くなると

・首の上を向く動作を邪魔したり、
・慢性的な首こりになったり、
・寝違えなどにもなりやすくなってしまいます。

 

かなり深いところにある細くて長い筋肉なので、
普通に触ろうとすると触りにくかったり、
痛くてそれどころじゃない!!
なんてことになるんですが、
レッドコードで首にかかる頭の重さ
重力を取り除いてあげれば、
何の抵抗もなく触ることが出来るんです!
 

見た目は怖そうなことをしてるように見えますが、
百聞は一見に如かず!
ぜひ一度体験してみてください(^_^)

寝違えたその日でも大丈夫ですよ(^_-)-☆

【背部痛】肩こり~背中の痛みはアキレス腱が原因だった⁉

こんにちは!フィジラボです!

 

 

あなたは肩こりや背中の痛みと、
アキレス腱が関係してるって知ってました?

 

分かりやすく言うと、
カラダの後面全体は筋膜で繋がっているんです!
(もちろん全身繋がっていますが)

 

【患者様情報】
・50代女性 デスクワーク
・長時間座り姿勢
・通勤で歩くように意識している
・仕事が落ち着いたらヨガしたい

【症状】
・朝起きると背中が痛い
・仕事していると背中が痛くなってくる(夕方)
・足がむくむ
・冷え性

 

3か月前から通勤時に歩き始めて、
最初は調子が良かったが、
寒さと冷え性がきつくなってから、
背中に痛みを感じるようになったそう。

 

全身のバランスをチェックして、
足首の可動域(動く範囲)を確認したら、
可動域がかなり狭くなっていました。

 

足首の可動域が狭くなると、
ふくらはぎやアキレス腱の動きが小さくなるので、
血流が悪くなり、筋肉も硬くなりやすいです。

 

そのアキレス腱周りの硬さが、
筋膜のつながりを通して、
背中にまで影響を与えてしまっていました。

 

なので、
背中の痛みが主訴だったのですが、
しっかり説明をさせてもらって、
足首・アキレス腱にアプローチ!

 

患者さんは半信半疑でしたが、
治療後は「え⁉なんで?」ってリアクション⤴
僕は( ̄ー ̄)ニヤリ

原因がちゃんとわかれば、こんなことも全然あり得ます!!
 

あなたがもし、同じような症状で、
なかなか治らずに困っているとしたら、
それは原因が分かってないからかもしれません。

まずは正確に原因を見つけることが大切ですよ!(^^)!

 

 

【頚部痛】落馬して腰をぶつけたのに首に痛み?

こんにちは!フィジラボです!

 

今回の患者さんは、

趣味の乗馬中に落馬をしてしまった方。

(なんてカッコいい趣味なんだ…)

半年ほど前に落馬をして左腰を強打。

整形外科に行って骨には異常なし。

 

結論から言うと

落馬をして左腰を強打したことで、

左半身、特に左脚の外側から

お尻周りにかけての筋膜が

ものすごく緊張して痛みを出してました!

 

この左脚外側の筋膜に引っ張られて

右の肩甲骨周りの筋膜も緊張して、

首に痛みや可動域制限を出している状態です。

 

【症状】

・右の首筋が痛い

・左を向くと激痛

・右腕を上げると張り感が強まる

・右の耳の後ろまで痛む

・右後頭部がモヤモヤする

・頭を触ると感覚に左右差がある

 

今回のケースは、落馬から身を守るために

全身の筋肉を緊張させているので、

全身バランスよく緩めていかないと症状は緩和しません。

 

今回はまず症状緩和を目的に

左の脚・お尻周りをメインに施術。

 

痛みは半分以下になり

首も回しやすくなりましたが、

もう少し調整が必要ですね。

 

今回のような症状は交通事故とも似ていて、

「筋性防御反射」という、

"衝撃から身を守るための緊張"が長く残ってしまい、痛みを引き起こしていました。

 

骨に異常がなくても、

カラダには何かしら負担がかかっているので、

油断せずに早めの治療をオススメします!