新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

【夜中に目が覚めて眠れない……そんな時は!】

ポイントは「アドレナリン」のコントロール!

最近ちょくちょくご相談いただくのが、

「夜中に目が覚めちゃって、
 それから朝まで眠れなくて……」

「そのせいか、昼間に眠くなっちゃって……」

という睡眠のお悩み。

夜中に目が覚めちゃうとか、
細切れの睡眠になっちゃうと、

頭がボーっとして、
気持ちがスッキリしないですよね。

 

 

今回はそんなお悩みに対して、
効果が期待できそうな研究を見つけました!

今回ご紹介する研究は、、

マルク・ドイル博士という
ロンドンでアレルギー専門医として
活躍されている先生で、

免疫や疫学のスペシャリストです!

そんな先生が発表しているデータによると、
夜中に目が覚めちゃう人は
神経を興奮させる「アドレナリン」が大量に分泌されて、

強制的に"覚醒モードになっている"とのこと。

「アドレナリン」は「副腎」から分泌されるので、
副腎機能にエラーが起きているということなんですね。

そんな「副腎」のエラーを調整するのに、
なんと『砂糖』と『塩』が効果的なんです!

方法はすごく簡単で、
夜中に目が覚めて眠れない時に、

・砂糖5つまみ
・塩1つまみ

を混ぜ合わせて、
舌の裏側に塗ってあげるだけ!

舌の裏側から砂糖と塩を吸収させることで、
副腎のエラーが調整されて、
神経の興奮が治まるということなんです!

たったこれだけなら、
試してみる価値はありそうですね(^^)

そもそも副腎がエラーを起こしちゃう人は、
極度の心配性だったり、
腸内環境が乱れてたりするので、

その辺りを根本改善をしないと、
免疫力が落ちやすくなっちゃいます。

そうなると色んな病気にも
かかりやすくなっちゃうので、
早めに対処したいですね(^^)/

ともあれ、

砂糖と塩だけで、
「夜中に目が覚めちゃう」が
解消される可能性があるので、

ぜひ1度、試してみてください!

【ストレスを自覚するだけでストレスは軽減する!】

まずは気づくことが大事!

 

オンラインサポートの様子を
3分の動画にまとめました!

 

最近、来院される方々から

「なんか最近調子良くないんだよね」
「なんとなくずっと眠くて……」
「何もしてないのに疲れてる……」

と、言われます。

おそらく病院に行ったところで、
明確な原因はわからないでしょうし、
効果的な治療もしてもらえません。

ただ事実として、

今の世の中の状況や、
先の見えない不安が、
存在することは確かです。

そんな不安やストレスは、
ジワジワと心と体を疲れさせて、
不調をきたしていることは予測できます。

フィジカルバランスラボの
レッドコードを使った脱力整体で、

全身を宙に浮かせても
なかなか脱力できない方が増えているのは、、

こういった目には見えない、
負担やストレスを自覚しきれてない
からかもしれません。。

まずは自分が「不安を感じている」と
自覚して認めてあげることが大切です。

たったこれだけのことですが、

脳が感じるストレス値は
軽減することが証明されてるんです。

難しく考える必要はないので、

「そりゃあ、ストレスも感じるよね」

くらいで!

頑張って耐えている自分に
気づいてあげてください(^^)

【緊急事態宣言が解除されても油断せずに第二波に備えて!】

感染症は第二波の方が被害が大きい。

特に感染拡大が目立っていた、
関東や関西の8都道府県以外は、
国の緊急事態宣言が解除されました。

愛知県も解除対象になりましたが、
県独自の緊急事態宣言は継続するみたいです。

全世界で大きな被害を出した
今回のコロナウイルスですが、
まだまだ収束したわけではありません。

過去の感染症の歴史を見てみても、
第二波・第三波がやってきても
まったく不思議ではありません。

約100年前の1918年に大流行した
ンフルエンザ(スペイン風邪)は、

世界の人口の1/3が感染する
大きな被害を出しました。

そのスペイン風邪の第一波では、
感染者の死亡率は2.5%でしたが、、

第二波では3倍
第三波では6倍にまで

死亡率が増加したとも言われています。 

この数字を見ると怖くなりますが、
事実として過去にあった出来事で、
「今回は大丈夫」なんて言えません。

過剰に怖がる必要はありませんが、
まだまだ油断は大敵です。

だからといって今までと
違うことをする必要もないので、

今まで通りうがい・手洗いをしっかりして、
適度な運動としっかりとした睡眠をとって、

元気に健康に過ごしていれば大丈夫です(^^)

あれこれ考えすぎても
計に不安になるだけなので、

手洗い・運動・睡眠を 徹底していきましょう!(^^)!

【ヒールじゃないのに立ち仕事で足が浮腫んじゃう理由】

女性から相談を受ける
身体の不調TOP3に入ってくる、

「足のむくみ」

ヒールを履いてても、
靴を履いてても、

なぜか浮腫んできちゃう……。

今回のご相談は、

「ブーツで立ち仕事をしていると、
 ふくらはぎが浮腫んできちゃう」

とのことだったので、、

・足首の関節とむくみの関係
・水と筋肉の関係

についてお話させていただきました。

むくみの原因は色々ありますが、
意外と見落としがちな足首の関節。

良かったら動画の内容を
参考にしてみてください(^^)

【ヒップリフトのポイントは膝を安定させること!】

筋トレはフォームが9割!
 
緊急事態宣言が延長されて
なかなか来院できない患者さんのために、
 
フィジカルバランスラボではテレビ電話を使った
オンラインサポートを実施しています!
 
 
今回は自宅で筋トレを頑張っている
患者さんのフォームチェックを行いました。
 
「ヒップリフト」というお尻や
脚まわりを引き締めるエクササイズは、
 
しっかりともも裏に効かせているか?
 
が、とても重要になります。
 
エクササイズは毎日続けることが大事ですが、
しっかりと狙った筋肉に効かせることも、
 
エクササイズの効果や効率を高めるためにも
絶対に見過ごせないポイントです!
 
 
今回の動画では、
ヒップリフトをやる際の
 
「膝の安定」
 
についてお話させていただきました。
 
 
お尻・脚まわりを引き締めたい方は、
ぜひ参考にしてみてください(^^)

【ゆっくり食べるだけで、42%も太りにくくなる!?】

よく噛んで、味わって食べましょう^ ^

外出自粛期間が長くなってきて、
最近よく耳にするのが、、

「ヤバイ……最近太ってきた……」

という言葉。

実際に僕もG.W中に3日間休んでて、

「あー、家にいたら食べすぎちゃうわ」

と、心から感じました。

とは言え、

よく分からないまま無茶な
ダイエットをするのは危険なので、、

今回は普段の習慣から実践できる、
取り組みやすい情報をご紹介します(^^)

この研究は僕の故郷である
福岡の九州大学が59,717人を
対象に行った研究データです。

研究内容はちょっと量が多いので割愛して、
サクッと結果だけお伝えします!

結論としては、

肥満の人の44%は“早食い“らしく、
より“早食い”の人ほど肥満だったそうで。

逆に、

ゆっくり食べる人は42%も
肥満になりにくいというデータも出たみたいで、

昔から言われる「早食いは太る!」っていうのは
本当みたいですね。。

僕も昔はかなり太っていて、
親戚や近所のおじさんからは、

「将来はお相撲さんだな!」

なんて言われるほどでした。

幸いにも今ではその
おじさん達よりも痩せているので、
お相撲さんにはならずにすんでます。

当時はやっぱり僕も
“早食い”だった記憶があるので、

これからは落ち着いて
ゆっくり味って食べるようにします(^^)

【手軽にアンチエイジングしたいならリンゴを積極的に食べよう!】

フィセチンを摂ろう!

 

人間の永遠のテーマとして、
「老化」は防ぎたいところです。

いつまでも若々しくいるには、
アンチエイジングは興味のある話ですよね?

「じゃあどうやって防ぐの?」

ってことで、普段からでもカンタンに
実践できるアンチエイジング法をご紹介します!

【タイトル】に結論を書いてますが、、

それはリンゴ(抗酸化食品)を食べること!

抗酸化作用・抗炎症作用のある
フラボノイドを摂取する事で、
「細胞の老化」を防ぐことができます!

具体的にには

・リンゴ
・イチゴ
・キュウリ
・タマネギ

などの食べ物を積極的に食べること!

これらの食材にはフィセチンという
抗酸化フラボノイドが豊富で、
細胞の"錆び取り"の働きをしてくれます!

リンゴは低GI食品としても有名で、
血糖値が上がりにくい食品なので、

朝食や食後のデザートとして、
食べるのもいいんじゃないでしょうか!(^^)

【猫背を整えるだけでストレスが解消される!?】

科学的にも証明されたみたいですよ!

スマホ・パソコン・テレビ

現代の生活には、
「猫背」になるための
環境が揃っています。

もちろん僕も
人のことは言えませんが、、

テレワーク・デスクワークの時間が
増えている今の時期は、
「猫背」の影響は無視できません。

そんな「猫背」に関する研究を
オークランド大学が研究してくれてました! 

なんと!

姿勢を正すだけでストレスが解消され、
緊張や不安も軽減するんだとか! 

それが本当なら最高じゃないっすか\(^o^)/

今回の研究内容は、
74人の男女を2グループに分けて
5分スピーチと暗記テストをやってもらい、

Aグループは猫背のまま
Bグループは姿勢を正して

それぞれ面接みたいな雰囲気の、
緊張感のある設定で行いました。
(こっちまで緊張してきた……)

もう結果を言っちゃいますが、

猫背のままのAグループは、
なかなか緊張が取れず、
スピーチも暗記テストも成績が低く、、

本人たちの"落ち込み方"も
ハンパなかったそうで。。

姿勢を正したBグループは、
Aグループよりもはるかに成績が良く、

テストが終わった後の"達成感"を
強く感じてたそうです!

かなりメンタルに差が出てますね。

今回の研究では、
姿勢を正すことによっての
脳の活動が活性化されることに加え、

ストレスを感じにくくなることが
示唆されたんではないでしょうか。

家でテレワークをしたり、
スマホやテレビでニュースを観ている時に、
「猫背」のままで情報を入れていると、

ネガティブになりやすいかもしれませんね。

ずっと姿勢を正しておくのは
大変かもしれませんが、、

30分に1回は背伸びをするなり、
「猫背」をリセットすることをオススメします!

ちょっとした工夫で、
心も体も快適に過ごせますよ(^^)

【立って仕事をすれば、腰痛にも効果的!】

1日40分は立って仕事をしよう!

最近、患者さんから

「家でデスクワークをしてると、
 効率悪いし、腰も痛くなる」

なんて相談をよく受けます。 

会社に出勤しての環境とは違い、
家にデスクがなかったり、
仕事をするには使いづらかったりと、

結構デリケートな部分ですよね。。

 

 

椅子の高さが合わない

地べたに座って仕事をする

 

などの姿勢では、
首や腰に大きな負担がかかってっきます。

そんなお悩みに有効なデータを見つけました!

今回の論文は、
テキサス大学の研究で、

「立ってデスクワークをすると、
 46%も生産性が向上するし、
 75%の人が腰の強張りを感じなくなった!」

との報告をしています!

これは素晴らしい結果ですね(^^)

やり方は簡単で、
1日の仕事のうち
40分は立って仕事をするだけ!

たったこれだけで、
仕事の効率も上がるし、
腰の強張りも軽減するなんて、
最高ですね!

効果が出始めるのは、
立って仕事を始めてから
約2ヶ月後からだそうで、

1ヶ月以上は継続して
立って仕事をしないといけないみたいです。

今後も緊急事態宣言が長引き、
家でデスクワークをする期間が
長くなりそうなので、

ぜひ参考にしてみてください٩( 'ω' )و

【糖質は炎症細胞のエサになる】

糖質は炎症の原因になります!

 

血中糖質濃度が高くなると、
IL-6やTNFaなどの炎症細胞(サイトカイン)が
活発に動き出します!

炎症細胞は細胞壁を酸化させたり、
血管を傷付けたりするので、
慢性疼痛の原因になるんです⤴︎

実際に僕自身は半年以上、
腱鞘炎に悩んでおりました。

朝起きて歯ブラシも
握れない程の痛みだったんです。

どこの病院に行っても「手術しかないよ」と
言われた劣悪な状態も、
今ではほとんど痛みを感じません。

東京で神業的な筋膜治療を受けたことと、
「筋肉の質」を高める食事を意識したことで、
安心して施術を続けられています!

どんなに良い治療を受けても、
「自分の筋肉の質」が悪ければ、
治療効果は上がりません。

治療院探しも悪くはないですが、
解決の糸口は意外と身近にあるかもしれませんよ!