新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

【慢性痛が慢性痛たる理由】

慢性腰痛
慢性肩こり
慢性疲労症候群
肥満など、、

これらは最近、
「生活習慣病」の1つとして考えられ、
現代人の体調不良にあがってきます。

 

症状には必ず原因があり、
長く続くにもまた、
必ず原因があります。

テレビの健康番組や、
インターネットの情報で、
詳しい方も多いと思いますが、、

「生活習慣病」の原因は、

・運動不足
・偏った食事
・血行不良による
 筋肉の硬さ

が原因です。

しかも、、

日本国民全体の約80%近くが、
「生活習慣病」の原因を
”知っている”というデータがあるんです。

正直このデータには驚きました。

 

実は慢性痛・慢性症状の
『慢』という字には、
『おこたる』という意味があります。

怠慢(たいまん)や、
慢心(まんしん)などの言葉にも、
『慢(おこたる)』という 字が使われているんです。

 

長く慢性的に、
腰痛や肩こりに悩まされている方は、
何かを『慢っている』かもしれません。

それが運動なのか食事なのか、
はたまたお風呂に入らないことなのか。

自覚がない場合もあれば、
自覚がある場合もあります。

 

原因を知っているのにも関わらず、
慢性痛・慢性症状はなくならない。

治療家である僕たちも含め、
今一度、自分たちが何を
『慢っているか』を、
考えなければなりません。

【お尻がたるむ姿勢になってませんか?】

「なかなか痩せない」
「毎日腰が重い」
「お尻や太ももがたるんできた」

ご自分の身体に対して、
そんな風に感じたことはないですか?

 

ズバリ!結論から言ってしまうと、、

それは『姿勢』が原因です!!

 

全身の筋肉の7割は、
”下半身”に集中しています。

お尻
ももの前
ももの裏
ふくらはぎ

などの筋肉は、
筋肉の繊維が太く、
パワーの強い筋肉です。

その筋肉たちが
力を発揮できてないと、
代謝はどんどん落ちていきます。

 

筋肉が力を発揮できない原因は、
多くの場合『姿勢』にあります。

・骨盤が傾いていて、
 反り腰になっている

・おへそを突き出すような『姿勢』で、
 お尻に力が入らない

・股関節が硬くなっていて、
 歩幅が小さくなっている

 

このような『姿勢』では、
お尻のパワーが発揮されず、
筋肉がたるんでいく一方です。

ゴルフで飛距離が伸びない人や、
運動の後に腰が痛くなる人はまさに。。

変形性膝関節症の方も、
同じような傾向が強いですね。

 

人間は筋肉が働いてくれないと
身体が動かせない生き物です。

筋肉を動かす為には、
『姿勢』が整ってないといけません。

今現在、腰痛や肩こりの
自覚症状がある方はもちろんのこと!

将来、腰や膝を痛めたくない方は、
お尻の筋肉が働いてくれる
『姿勢』になった方が安心ですよ(^^)

【猫背でも肩こりにならない人がいる!?】

今回の記事のタイトルを読んで、

「え!?そんな人いるの!?」

って思いました?(^^)

 

実はいるんです!!

 

一般的に”猫背”は、
肩こりの原因としてよく聞きます。

僕たち治療家たちも、
肩こりでお悩みの患者さんに、  

「猫背が原因ですね」

という説明をすることは多いです。

 

なのになんで”猫背なのに”
肩こりにならない人がいるんでしょう?

 

その答えはとってもシンプル!

 

『筋肉が硬くなってないから』

 

です!!

 

簡単に説明しますね(^^)

 

あくまでも僕の考え方ですが、
筋肉が硬くなる原因は 3つしかありません。

①姿勢の歪み
②血行不良
③筋肉に力を入れる

の3つです。

 

ここからさらに現時点での
僕の考えですが、、

この3つのうち、
①姿勢の歪み”だけ”の場合、
自覚症状がないことが多いです!

たとえ多少の姿勢の歪みがあっても、
②血行が良くて筋肉が柔らかく、
③筋肉に力み(りきみ)がない人は、
肩こりや腰痛の自覚症状がありません。

『筋肉が硬くなってない』ので。

 

先日も、猫背で反り腰になっている
女性の方を施術する機会がありましたが、
肩こりの自覚症状はないとのことでした。

この女性の方は、
これからヨガを始めたいとのことで
姿勢のチェックに来られたので、
身体の悩みは特になし!

興味が沸いたので色々と
お話を聞かせてもらいましたが、、

やっぱりとても身体に気を使ってますね。

今までほとんど運動を
してこなかったにも関わらず、
素晴らしい筋肉をしてました!!

 

①姿勢の歪みを整えることも大事ですが、、

普段から②血行の良い体質でいたり、
③身体に力みのない脱力状態で
過ごすこともとても大切です。

 

人間の身体って面白いですね(^^)

身体への探求は続く。。

【少し振り返ってみませんか?】

12月に入って、
だいぶ寒くなってきましたね。

つい先日まで
「本当に11月?」というくらい、
暖かい日が続いていたのに、、

めっきり冬っぽくなりました。

 

2020年も残すところ、
1ヶ月を切りましたが、
今年はどんな1年でしたか?

 

今年はやっぱり、
コロナウイルスの話題は
外すことはできませんよね!

世界中でたくさんの感染者が出て、
外出自粛やロックダウンが起こり、
世界中の経済がストップしました。

日本でももちろん、
たくさんの方が影響を受けて、
なんだか落ち着かない1年でしたね。

 

そんな影響の中、僕個人としては、
世の中の人々の「健康意識」が、
かなり高まったように感じます!

自粛生活で自炊をするようになったり、

公共交通機関を極力使わないように
自転車は徒歩通勤をするようになったり、

YouTube動画を観ながら
自宅で運動を始めたりと、、

それぞれが”自分の生活スタイル”を見直し、
”自分に合った健康法”を取り入れる。

そんな印象を強く受けています!

 

これは治療家の僕としては、
とても嬉しいことです(^^)

 

フィジカルバランスラボ整体院の
患者さんの中にも、自粛期間中、
猫背矯正体操を頑張った方が、
自分で猫背を改善しちゃた方がいます!

ちょっとの意識と、
正しいフォームの運動で、
身体はガラリと変わりますね(^^)/

 

今年のあなたはどうでしたか?

キッカケや方法は人それぞれですが、
身体はどんな風に変わりましたか?

 

身体は毎日、
細胞分裂を繰り返していて、
毎日代謝をしています。

生きてるだけで、
生まれ変わり続けていると
言っても過言ではありません。

 

自分では気づきにくいかもしれませんが、
2019年とはきっと変わった部分があるはずです!

ぜひ振り返ってみて、
自分の変化・成長を 実感してみてください(^^)

【レッドコード整体は2日後に効果が最大化する!?】

もちろん個人差はあるんですが、、

レッドコード整体を体験した
腰痛や肩こりにお悩みの患者さんが、
こぞって言ってくださるのが、

「2日後に急に楽になって……」

という言葉。 

 

施術直後も身体の変化を
実感してくださっているんですが、
「本当に楽になった!」と感じるのは、

”施術から2日後”がほとんど。

 

この理由は、
正直僕もわからないんですが、
多くの患者さんが実感しているのは事実。

現在、まだまだ検証中ですが、
現時点での仮説・見解としては、

『深部の筋肉をしっかり緩めることで、
 深い部分で凝り固まった筋肉や、
 内臓の血流が改善される』

ことに併せて、

『”身体自体”が改善に対して、
 ”拒絶反応”を起こさないように
 ゆっくりと変化している』

のではないかと考えています!

 

腰痛や肩こりの根本改善を
目的としたレッドコード整体は、
骨や関節の”キワ”に付着している
『深部の筋肉』を緩めることができます。

『深部の筋肉』は、
小さく細かい筋肉が多いので、
筋肉の中を通っている血管も細い。

なので、

血流改善の効果が行き届くには、
2日ほどのタイムラグがあると考えます。

 

最近、ぎっくり腰の方が
多く来院されますが、
皆さん本当に辛そうです。。

そんな方達が、
治療効果を最大限に実感するのが、
2日後というのは少し心苦しいですが、、

「2度と再発しないでほしい」  

という想いで、僕は、
その場限りの治療はしません。

 

『深く・永く治療効果が続く』

そんな施術・治療にこだわって、
今日も頑張っていきます(^^)/

【良い姿勢は腰痛になる!?】

「姿勢が悪いわよ!」
「姿勢良くしなさい!」
「シャキッとせんか!」
 
あなたもこんなセリフ、
言われた覚えはありませんか?
 
 
学生時代の先生から、
実家のお母さんから、
職場の先輩や上司など、
 
自分の姿勢に対する”注意”を、
受けたことがない人は、
多分いないと思います。
 
一度でも整骨院や、
整形外科を受信した経験が
ある人ならなおさら!
 
「姿勢」に対する意識付けは、
耳にタコが出来るほど。
 
健康意識の高い人は、
普段から自分の「姿勢」に気を使い、
 
「良い姿勢でいよう!」と
心がけています。
 
 
ですが実は……
 
慢性腰痛に悩んでいる方の多くが、、
 
『姿勢が良すぎる』
 
という事実に気づいていません!!
 
 
ここで言う
『姿勢が良すぎる』と言うのは、
 
姿勢を良くするために
背筋を伸ばそうとして、、
 
強烈な『反り腰』になっている状態です!
 
 
 
大事なことなのでもう一度言います!
 
 
慢性腰痛に悩んでいる多くの人は、
姿勢を良くするために
背筋を伸ばそうとして、、
 
強烈な『反り腰』になっているんです!!
 
 
そう!
 
自分が『反り腰』に
なっていることに気づかず、
『腰痛を慢性化』させてしまっているんです!
 
 
腰痛にお悩みで、
フィジカルバランスラボ整体院に
来院される方の8割近くが、
 
『反り腰』によって
『腰痛が慢性化』している方です。
 
 
そんな方達に僕が、
 
「あなたの腰痛の原因は、
 姿勢が良すぎるからですよ」
 
と言うと、
 
必ずビックリされます!
 
 
「え!?自分は健康に良いと思って、
 普段から良い姿勢を心がけてたのに!?」
 
と。
 
 
ですが、その、
 
「良い姿勢」が腰痛の
原因だったんです。。
 
 
なので僕は、
レッドコードの施術の後に、
必ずこのことをお伝えしています。
 
それは、、
 
「良い姿勢でいることをやめてください」
 
と。
 
 
こんなことを言うと、
さらにビックリされてしまうんですけどね(笑)
 
 
「良い姿勢」を心がけることは
とてもとても大切です。
 
常日頃から意識ができる人は
そんなに多くはありません。
 
ですが、、
 
その「良い姿勢」のおかげで、
慢性腰痛になってしまっているのなら、
 
「良い姿勢」をやめない限り、
慢性腰痛は治りません。
 
 
少し厳しく聞こえるかもしれませんが、
これが事実であり、現実です。
 
 
今、あなたが日頃から「良い姿勢」を
心がけているのにも関わらず、
慢性腰痛に悩まされているのなら、
 
今すぐ「良い姿勢」をやめてください!
 
そうすることで『反り腰』が緩和し、
腰痛が軽減するかもしれません!
 
騙すつもりはありませんので、
ぜひやってみてください(^^)/

【腰痛の不安なくフルスイング!】

もともとそれくらい飛ばせる
ポテンシャルを持ってたんですよ(^^)

何かのキッカケで、
腰が痛くなってから、
フルスイングをするのが
怖くなっていただけで!

 

フィジカルバランスラボ整体院に
通い始めて今日が5回目。

5年も腰痛に悩まされていた、
30代男性の患者さん。

忙しいお仕事の合間を縫って、
マッサージで身体をほぐしながら、
騙し騙しゴルフを続けてきたそう。

仕事の付き合いもあり、
唯一の趣味でもあるゴルフが、
だんだん楽しくなくなってきていた時に、
当院を見つけてくれたそうです!

 

「今までみたいなマッサージでは、
 もう腰は治らないかな……」

そんな落胆と不安の中、
相談をしてくださったと言います。

 

そんな腰痛に悩まされ、
ゴルフを楽しめないでいた患者さんですが、、

腰の痛みが消えて、思いっきり
スイング出来るようになったら、、

今までよりも10ヤードも、
飛距離が伸びちゃったらしいです(^^)/

 

腰痛が慢性化してしまった原因の
「反り腰」もかなり解消し、  
股関節の柔軟性も
格段に良くなりました!

日常生活ので支障も
ほとんどなくなったそうで、
今では練習場にも通ってるそうです(^^)

 

満面の笑顔で報告されると、
こちらも嬉しくなっちゃいますね!

まだまだ身体もゴルフも
伸び代があります!

もう治療は卒業したので、
これからパフォーマンスを
どんどん高めていきましょう(^^)/

【脳の拒否反応が、身体の改善を妨げている】

フィジカルバランスラボ整体院では、
『3ヶ月10回で治療から卒業』を
大きなテーマにしています。

なぜ3ヶ月なのか?というと、
人間の脳は大きな変化を嫌うので、、

「変化したくない!」

という拒否反応を起こします。

この拒否反応は言い方を変えると、

「治りたくない!」

という脳からの無意識な
メッセージになってしまうのです。

 

世の中にはまだまだ、
たくさんの肩こりや腰痛に
悩んでいる方がたくさんいます。

その方たちの多くが、
「治療してもすぐに戻ってしまう」
というもの。

 

この「戻る」というのも、
脳が発する拒否反応なんです。

 

なので!

この拒否反応を出さないためには、
”1回で大きな変化”を出しては行けません。

”脳が拒否反応を起こさない小さな変化”を
身体に少しづつ与えていき、
『脳が変化を受入れられる』ように
していかなければなりません。

 

そう。

大事なのは『変化を受け入れる』こと。

 

「自分の身体が変わってきている」
「今までよりも身体が動かしやすい」
「日常生活が楽になってきている」

これらの変化に気づいて、
『受入れて』いくことが大切です。

 

ほんの1分でもいいので、
身体の変化を感じる
時間をつくってみてください。

例えばお風呂の中とかで。

 

「あ!そういえば!」

という気づきがあるはずです。

 

毎日生きている身体は、
毎日、細胞分裂を繰り返ています。

身体の変化に気づいてみましょう。  

そして、

身体の変化を受入れてみましょう(^^)

【最高の口コミをいただきました!】

【最高の口コミをいただきました!】

IMG_9267.jpg 

『患者さんからの「ありがとう」が、
 治療家にとっての最高の報酬だよ』

なんて言葉を、
治療家を志た11年前に、
最初に教わったことを覚えています。

治療が終わった直後や、
お会計の時に「ありがとう」と、
言われるのはもちろん嬉しいですが、

お家に帰ったあとも、

「ここに来て良かったな」

という気持ちが残り、

こうして口コミとして、
残していただけたと思うと、、

嬉しすぎて涙が出ます

【肩こりが治らない人の、最大の特徴】

「肩こり」は、
老若男女・年齢問わず、
誰でも起きる可能性のあるものです。

最近では小学生でも、
肩こりを訴える人がいるそうです。

 

そんな「肩こり」ですが、
”起こる原因”は様々です!

代表的なのは”姿勢の歪み”ですが、、

・猫背
・ストレートネック
・目の疲れ
・寝不足
・ストレス
・歯軋り
・呼吸が浅い

などなど……

細かく挙げたら
キリがありません。。

実際のところはこの、
様々な原因の掛け合わせなので、
1つを見つけることなんてできないんです。

でも、

肩こりが”治らない”原因。  

もっと言うと、

肩こりが
”継続してしまっている原因”
はわかります。

プロだからといって、
全てを知っているわけでもないし、
絶対的な正解を持っているわけでもありません。

 

ですが、そんな中でも、
僕が10年以上にわたって
治療家として活動をしてきて、
現時点で結論を出しているのが、、

「肩こりが治らない人は、
 頭が骨盤よりも前に出ている」

ということ。

 

本来、人間の姿勢は、

『骨盤の真上に頭蓋骨がある状態』

が、良い姿勢だとされています。

 

ですが、肩こりを訴える
ほとんどの人の頭の位置は、
”骨盤よりも前”に出てしまっています。

いわゆる猫背や、
ストレートネックと言われる
姿勢の状態なんです!

 

ここで大事なのは、
猫背だとか、
ストレートネックだとか、
診断名は関係ありません!

本当に大事なのは、
”頭の位置が骨盤よりも前に”
出てしまっているという事実です!

この事実を受け入れ、
この事実に目を向け、

『頭の位置を骨盤の真上』

に戻さない限りは、
肩こりは治りません。

いつもスマホ画面を見ながら、
下を向いてばかりいたり、

パソコン画面に釘付けになっていたり、

2時間も3時間も座りっぱなしの
生活を続けていたら、、

一生肩こりは治りません。

恐らくこの事実は、
身体のプロの僕じゃなくても、
多くの人が知っていると思います。

でも、肩こりに悩む大半の人が、
この事実から目を背け、

「頭じゃわかっているんだけど……」

と、改善できずにいるんです。

 

肩こりに悩んでいる人は
自覚があると思います。

整形外科や接骨院で
指摘を受けた経験もあるはずです。

家族や仲の良い友達から、
姿勢のことを言われたかもしれません。

不意に撮られた写真に写った、
自分の姿で気づいたかもしれません。

 

わかっていますよね?自分の姿勢。

ずっとそのままで良いですか?

 

過去は変えられないので、
「肩こりになる前」には戻れません。

だけど、

「今」と「未来」は変えられます。

 

「今」から頭の位置を、
骨盤の真上に整えていけば、

「未来」は肩こりのない、
快適でカッコいい姿勢が
手に入るかもしれません!

できることはたくさんあります!
まずはできることから始めましょう(^^)/