新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

片頭痛

【星が丘テラスヨガ講座】2019年1発目!!2月の講座も満員御礼!!

こんにちは!

 

「脱力」と「食事」で、
"硬くならないカラダ"へ導く柔道整復師
「しなやかフィジカルセラピスト」の奥村です!!


今日は、2019年1発目!!
毎月定期開催星が丘テラスヨガ講座!!

今回も満員御礼でございました(^_^)
参加してくださった皆様、ありがとうございます!!

S__16556035_R.jpg

なるべきく参加者の皆さんとの対話を意識して、
「楽しかった」と言ってもらえるような講座を心がけておします。

今日は特に、「前屈のコツ」がヒットしたようで、
皆さんの「へぇぇ!?」とした驚き顔が印象的でした(*^▽^*)

来月も開催が決まってますが、既に満員だそうで(笑)
回数を増やすことも検討しております。

参加者の皆様、会場を使わせてくださる星が丘テラスさまに、
少しでも喜んでもらえるように、精一杯尽力したします!(^^)!

【お知らせ】休診日を日曜日に変更致します。

突然で、誠に勝手ではございますが、
2019年4月1日から、
休診日を日曜日に変更させて頂きます。

 

変更前→毎週火曜日

変更後→毎週日曜日

 

私事で恐縮でございますが、
2019年3月に新しい家族が増えます。

つきましては、家族との時間を確保し、
妻や子供たちのサポートにも
力を入れていきたいと思い至りました。

大変ご迷惑をお掛けしますが、
ご理解とご協力をお願い致します。

 

フィジカルバランスラボ 院長
奥村 龍晃

【頚部痛】「力を抜いて筋トレしないと、首を痛めますよー」って話。

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は、
「そんなことあるの⁉」って、
思われる方もいるかもですね⤴

そんなことあるんです(^_^)

 

内容と結論をサクッと言ってしまうと、
"腹筋トレーニングで力を入れすぎて、首を痛めた"
というお話です。

 

【患者様情報】
・40代男性 デスクワーク
・ランナー
・ジムで筋トレ
・夏までに腹筋を割りたい

【症状】
・慢性肩こり
・朝起きたら首が動かない

・左回旋で右頚部から肩甲骨まで痛む
・腕は上がる
・咳をすると痛む

 

この方は最近腹筋を頑張り始めました。
そんなにお腹が出ている印象ではないですが、
夏までに腹筋を割ることが目標みたいです。

 

ですがその腹筋を頑張りすぎて
首を寝違えてしまいました。

 

実際に腹筋のフォームを見せてもらうと、
腹筋(上体起こし)の際に、
ものすごく首~ももの前の筋肉に力が入ってました。
(コレが原因です↑)

 

腹筋を鍛えようとしているのに、
腹筋を使って上体を起こせてなかったんです。

 

そんな腹筋のやり方で、
1日100回も上体起こしをしていたので、
首~ももの前の筋膜が過緊張して、
首を痛めてしまいました。

腹筋を鍛えたいのであれば、
しっかりとピンポイントで腹筋を使わないと
望む効果は得られません。
さらにはカラダを痛めてしまいます。

 

筋トレは、
"鍛えたいところにだけ力を入れる"が、
大大大大大基本です!!

闇雲に筋トレしても、
効果が出ないのは、
この大基本を知らないからなんですよね。

まずは、
「自分のカラダのどこに力が入っているか?」を、
正確に把握することから始めてみてください!!

遠回りなようで、コレが効率を上げる"コツ"ですよ!(^^)!

【星が丘テラス】定期開催!ヨガ講座のご案内。

こんにちは!

「脱力」と「食事」で、
"硬くならないカラダ"へ導く柔道整復師
「しなやかフィジカルセラピスト」の奥村です!!

 

2018年から開催させて頂いてます、
「星が丘テラスコミュニティールームヨガ講座」
のご案内です。

詳細・ご予約受付は、
星が丘テラスコミュニティールームで行っています。

 

参加者の方から頂いた声は、
・すぐ満員になる
・昨年はすべて満員御礼
・リピーター希望もチラホラ
・簡単
・わかりやすい
・ほど良い運動
・話し方が優しい
・時間の長さが丁度いい
・もっとたくさん開催してほしい
・お友達も誘いたい
などなど。

嬉しいお言葉をたくさんいただいております(^_^)

 

参加ご希望の方は、
「星が丘テラスコミュニティールーム」へ
直接お問い合わせくださいm(_ _)m

【五十肩】同じ症状の患者さんの共通点から見えた、"五十肩の根本原因"はコレ!

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は
「肩を動かすと腕が痛い」という、
2人の患者さんの共通点を探ってみたいと思います。

 

まず、共通しているのは
「肩を動かすと腕の外側が痛い」
という主訴。

 

【患者様情報①】

50代女性 百貨店勤務
・小柄
慢性肩こり
・重いものを持つことも多い

【症状】
・左腕を動かすと痛い
腕を90度くらいまで上げると痛い
・手を後ろに回すと痛い
腕の外側が痛い
肩から首筋までがすごく張る

 

【患者様情報②】

50代女性 デスクワーク多い
・同じ姿勢でいることが多い
・最近運動できてない(ゴルフ)
・慢性腰痛
慢性肩こり

【症状】
・右腕を動かすと痛い
90度まで上げると痛い
・後ろの物を取ろうとすると痛い
腕の外側が痛い
肩から首筋までがすごく張る


結論と共通点を簡単にまとめると、
・五十代女性
・慢性肩こり
・腕の外側が痛い

そして重要なポイントが、

「肩甲骨が動いていない」

ということです。

 

肩を動かしたり、腕を動かしたりする時に
肩甲骨がスムーズに動かないので、
腕の外側の筋肉を無理に使って動かしていました。

「腕の外側の痛み」は、
首筋~手の親指にかけての、
筋膜の硬さが原因です。

そして、"筋膜を硬くした原因"が、
「肩甲骨が動いてない」ということになります。

なので、
本当に根っこから腕の外側や、肩の痛みを取りたかったら、
「筋膜が硬くならないような肩甲骨の動き」を、
取り戻さないといけませんね⤴

 

「痛みの原因を生み出した原因」を解消してこそ、
「本当に治った」と言えるんじゃないでしょうか。

【雑記コラム③】今、1988年式の車に乗ってて、メンテナンスしないの?

こんにちは!

「脱力」と「食事」で、
"硬くならないカラダ"へ導く柔道整復師
「しなやかフィジカルセラピスト」の奥村です!!

 

この雑記コラムは、
患者さんからの質問や、
僕がセラピストとして感じたことを、
"100%僕の主観"で書くコラムです!

 

先日、患者さんからこんな質問をいただきました。

「なんで定期的にメンテナンスしないといけないんですか?」

まさに「セラピストに対する本質」をついた質問ですね!!

この「なんで?」に対して僕の答えはというと、
「自分と"同い年の車"にメンテナンスなしで乗りますか?」
です。
 

自分を"車"に例えてみてください。
僕は、
「1988年生まれ」=「1988年式」の車です。
今は2019年なので、「31年前の車」ということになります。

そんな車で"現代社会"を走ろうと思ったら、
あなたは何を考えますか?
・「タイヤや足回りを整備しなくちゃ!」
・「エンジンは大丈夫?」
・「オイルやバッテリー交換もしなくちゃ!」
・「ボディもキレイにコーティングして…」
なんてこと考えませんか?

コレを全部「自分のカラダ」に当てはめてみてください。
・タイヤや足回りの整備→足腰の安定、強化
・エンジン→血管や内臓の状態
・オイルやバッテリー→血液の循環や代謝
・ボディをキレイに→姿勢、肌、表情

などなど。

「自分が求める快適な走り」に必要な項目が見えてきませんか?

 

本当の車だったら、
買い替えれば済む話かもしれませんが、
自分たちのカラダは買い替えることが出来ません。

自分のカラダは、
「一生乗り続ける自分専属の車」って考えてみませんか?

"長く快適に乗り続ける"

「定期的にメンテナンスする理由」なんて
そんなもんでいいんじゃないでしょうか?

【姿勢】姿勢が整うと前頭葉が活性化する!?

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

いきなり結論から言いますが、

姿勢が整うと、前頭葉が活性化して

集中力が高まるんです!!

 

それはなぜかというと、

カラダに取り込まれる酸素の15%を消費すると言われる脳には、

たくさんの酸素とブドウ糖が必要です。

 

集中力を司る「前頭葉」は、

仕事や勉強、スポーツの場面でたくさんのエネルギーを消費します。

たくさんのエネルギー(酸素とブドウ糖)を消費したら、

消費した分だけ補給しなければ活動できなくなります。

 

その酸素とブドウ糖を脳に運ぶのは血液です!

姿勢が崩れて、いわゆる猫背になっていると、

横隔膜の動きが悪くなり、呼吸が浅くなって

脳への血液の供給が滞ってしまいます。

 

脳への血液の供給が少なくなると

頭がボーっとしたり、眠くなったり、

頭痛になったりしてしまいます。

そうなってしまうと、

仕事や勉強、スポーツのパフォーマンスが落ちてしまいます…

 

たかが姿勢がですが、

姿勢によってパフォーマンスや効率が下がってしまうのは、

すごくもったいないですよね。

 

これからの受験や仕事納めに向けて

パフォーマンスの上がる姿勢になりませんか?

 

目標の高い低いにかかわらず、

姿勢が整うことは、メリットしかないですよ(^o^)/

【ぎっくり腰】40代男性 歩くのもつらいぎっくり腰にレッドコード治療

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は年末にぎっくり腰になった患者さんの話。
かなり忙しくて仕事で無理をしたらしく、
見事に腰を曲げて来院されました。

【患者様情報】
・40代男性 作業仕事(経営者)
・昼夜問わず作業アリ
・12月は特に忙しい
何度もぎっくり腰を経験している
歩けなくなるギリギリまで我慢しちゃう…

【症状】
・背筋を伸ばして歩けない
・車から降りるのに15分かかる
・腰が伸びない
・すり足歩きしかできない

かなり痛々しいですね…
まずは痛みを何とかしなければ!!

ということで、レッドコードで
大腰筋腰背筋膜を緩めていきます!

いきなりベッドに横になるのが難しい場合は、
座ったまま治療を開始します。

ベッドに横になれるようになったら、
また更に深く治療をしていく流れですね⤴

 

治療の後は笑顔が戻って、
かなり軽快に歩けるようになってました!

本当はもう少し期間を詰めて治療をさせてもらいたいんですが、
お仕事も大変みたいですからね…

時には我慢しなくちゃいけないこともあると思いますが、
爆発する前に来てくださいね!

【股関節】足首のズレは、重心が傾いて、股関節を痛くする可能性がありますよー。

こんにちは!フィジラボです!

 

今回の記事では、
足首が腰痛や股関節痛、
姿勢に与える影響を知ってもらえたらと思います!!

先日来ていただいた、新患さんを例にお話します⤴
(写真は撮らせてもらったのですが、
 ブログに載せても良いかを聞き忘れました…)

 

【患者様情報】
・50代女性
・細身
・長時間立っていることが多い

【症状】
・疲労が溜まると痛くなる
・激痛の日がある
・まったく痛くない日もある
・骨盤がフラフラする感じがする

 

結論としては、

「右足首の関節のズレで、重心が傾き、
右の股関節に体重がたくさんかかってた」


という感じです⤴

 

なので、治療的なことを言うと、
"どんなに右股関節を治療しても、
根本的な原因である右足首を治療しないと治らない"

ということになります。

だって、"右足首が根本原因"ですもんね。

 

今回は、患者さんともしっかりお話をして、
"根本原因の右足首"の治療もしていく前提で、
まずは「右股関節周りやお尻の筋肉」を緩めていきました。

 

ちゃんとお互いに共通理解・納得してから、
一緒に改善に向かっていきたいですね(^_^)

将来的にヨガをやりたいそうなので、
まずはしっかりカラダを整えていきましょう!

【頚部痛】「上を向くと首の後ろが詰まる感じがする」ならココを緩めよう!!

こんにちは!フィジラボです!

 

今回ご紹介する動画は、
慢性的に首が痛い方や
首から顎まわりに違和感がある方に、
ぜひ体験してほしい内容です!!

 

「上を向くと首の後ろが詰まる」
「寝ている時に歯を食いしばっている」
「アゴ周りが張ってる気がする」

なんて方には、
頚長筋という筋肉を緩めていきます!

この筋肉ですね↓

IMG-2253_R.JPG

この筋肉が硬くなると

・首の上を向く動作を邪魔したり、
・慢性的な首こりになったり、
・寝違えなどにもなりやすくなってしまいます。

 

かなり深いところにある細くて長い筋肉なので、
普通に触ろうとすると触りにくかったり、
痛くてそれどころじゃない!!
なんてことになるんですが、
レッドコードで首にかかる頭の重さ
重力を取り除いてあげれば、
何の抵抗もなく触ることが出来るんです!
 

見た目は怖そうなことをしてるように見えますが、
百聞は一見に如かず!
ぜひ一度体験してみてください(^_^)

寝違えたその日でも大丈夫ですよ(^_-)-☆