新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

【腰痛】痛み止めを飲んでるのに、腰痛がおさまらない…

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!

 

80代女性の患者様から、こんなご相談をされました。

「3週間前から腰が痛い。」

「整形外科に行って診てもらっても、歳だから仕方ないと言われた」

「痛み止めをもらって飲んでるのに、全然痛みがおさまらない」

とのこと。

 

実際にお身体を診せてもらったり、

細かくカウンセリングをさせてもらったところ、

気になる点が4つ出てきました。

①レントゲンの結果、骨には異常なし

②痛み止めが効かない

③お風呂に入ると少し和らぐ

④腰が痛くなったころから便通が悪い

 

以上のことを頭に入れて原因を絞り込んでいくと、

・大腰筋の緊張(体幹のインナーマッスルの一つ)

・腸の冷え

が原因だとわかりました。

 

前屈動作で痛みが出るとのことでしたが、

大腰筋と腸を整えると、

動作が楽にできるようになりました!

 

腎臓やお尻の筋肉も関連しているので、

今後も併せて治療していく必要があります。

 

まずは腸を冷やさないように、

腹巻やお白湯を飲むなどから意識してみましょう!

  • Category:
  • Author:pbl

【レッドコードテクニック】レッドコード単機でできる、後頭下筋リリース

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!

 

今日のブログはセラピスト向けの内容です!

※興味のない方は、ここでページを閉じてもらって構いません!

 

僕が普段、レッドコードを使った治療をご紹介します!

慢性肩こり・頭痛・眼精疲労・不眠の方などに喜んでいるテクニックです!

このテクニックは本当に多用しています!

やり易さもモチロンですが、

患者様の反応がめちゃくちゃ良いです!

 

後頭下筋をしっかり緩めることが出来れば、

背中のハリも緩和するので、かなりオススメです!

 

まずは同僚やご家族にカラダを借りて試してみてください(^o^)/

  • Category:
  • Author:pbl

【姿勢】「良い姿勢」の土台は足の裏

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!

 

「あなたの足の裏、硬くないですか?」

 

「足の裏」は人間の体で

唯一、常に地面に触れている部分です。

 

首や、腕や、体幹など、

人間のカラダで注目されやすい部分は

日常生活中は、基本的には何も触れてません。

(洋服や寝てるとき以外)

 

「足の裏」は、常に地面と接していて、

体重をさせたり、歩いている時のバランスを取ったり、

地面から伝わる衝撃を受けています。

 

「足の裏」は感覚センサーの宝庫です。

人間のバランス感覚の1/3は、

「足の裏」の感覚センサーによってコントロールされています。

 

その「足の裏」の感覚センサーは、

「足の裏」が硬くなることで鈍ってしまいます。

 

感覚センサーが鈍ってしまうと、

・何もないところでつまずく

・外側重心になって膝が痛くなる

・つま先重心になって反り腰になる

など

カラダのバランスが崩れやすくなってしまいます。

 

「足の裏」の感覚センサーを高めることが出来れば、

カラダのバランスが安定して、

慢性腰痛やぎっくり腰の予防さえもできてしまいます!

 

長々と前置きを書きましたが、

とにかく「足の裏」を柔らかくしましょう!!

 

方法は何でもOKです!

・青竹踏み

・テニスボールで足裏コロコロ

・足つぼマッサージ

・足底筋膜ストレッチ

などなど。

 

僕がオススメしているのは、

テニスボールで足裏コロコロです!

患者さんにも紹介しています!

 

テニスボールがなければ、

スチール製の缶コーヒーの缶や、

空き瓶なんかでも代用できます。

 

椅子に座ったまま

足裏をコロコロとほぐしていくだけです!

 

1~2回やっただけでは劇的な変化はないですが、

毎日続けてあげることで、「足の裏」が柔らかくなってきます!

「足の裏」が柔らかくなると、

むくみも取れてくるので一石二鳥です!

 

是非、毎日コツコツやってみてください!

「あれ?そういえば…」という変化が必ず得られますよ!

  • Category:
  • Author:pbl

【姿勢】あ~、やっぱり背骨が痛くないって嬉しいなぁ。

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!

 

最近は筋トレと読書が日課になってまして、

背骨を傷めてました!!(笑)

 

患者様を健康にする側の人間が、

自分で自分の背骨を傷めつけるなんて。

本当に恥ずかしい限りです…

 

ただ、今回の件で感じたことは、

・夢中になるとカラダを傷めるまでガンガンやっちゃう

・1回傷めちゃうと、自分一人ではどうにもならない

 

 

今回は、ラボがお休みの日に奥さんにお願いして、

レッドコードで全身を吊ってもらいました!

(写真を取り忘れてますが…)

 

ただただ、30分吊られて寝てるだけ。

正直、1回では完全に痛みはなくなってないですけど、

(奥さんはレッドコードでの施術は出来ないので)

背骨を動かす時の軋むような痛みはかなり軽減して、

夜も久しぶりにぐっすり寝れました!

(かなりイビキもかいてたみたいです)

 

今回改めて、

「あ~、背骨が楽っていいなぁ」

「レッドコードっていいなぁ」

と感じました!

ストレッチポールじゃ全く変化しなかったんで。

 

夢中になるのも良いですけど、

カラダのメンテナンスも必要ですね!

 

好きなこと・頑張りたいことを継続するには、

カラダが健康じゃないと、

続けたくても続けられないですからね!

 

  • Category:
  • Author:pbl

【姿勢改善】あなたも「スマホシンドローム」になってませんか?

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

実は最近、

治療院業界で話題になっている

「スマホシンドローム」という言葉があるんです!

(シンドローム=症候群)

 

「スマホシンドローム」という名前が付いているので、

「スマホ」を持っている人なら誰でもなってしまうというのは、

容易に想像できますよね…

 

では、実際にどんな症状が「スマホシンドローム」と呼ばれるのかというと、

・文字を書くと腕・手首・指が痛む

・いつも眠い

・腕がだる重い

・目が疲れる

・肩が上がりにくい

・頭痛・不眠(自律神経の乱れ)

・肘の関節が痛い

などなど…

 

様々な症状として現れます。

これらの1つの症状だけでなく、

複数同時に現れることも多いですね。

 

原因としてはやはり「姿勢」です!

スマホを操作している時の姿勢や時間の長さ、

操作中の筋肉の緊張状態が原因と考えられています。

172232a233090999e0556f93541206b6_s.jpg

いわゆる「猫背」ですね。

4601afd7f445dcf1778ebfbdec907607_s.jpg

なかにはこんな姿勢で長時間

スマホを操作している方も少なくないと思います。

 

今の時代、スマホやパソコンは生活必需品です。

もちろん僕も毎日操作してますが、

やはり操作中の姿勢が悪いと、

すぐに腰や首が辛くなってきます。

 

そして1番の問題は、

「スマホシンドローム」症状の出やすい姿勢が定着してしまって、

良い姿勢に戻れなくなってしまうことです!

 

そうなってしまうと時間が経てば経つほど姿勢が崩れ、

慢性的な肩こりや頭痛、腰痛になっていくんです。

 

 

この記事を読んで「あ、私かも」と思ったあなた!

今ならまだ間に合うかもしれません!

 

まずは1度、僕に姿勢を見せてください!!

きっと解決策は見つかりますよ(^o^)/

  • Category:
  • Author:pbl

【お知らせ】LINE@始めました!!

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

タイトルにもある通り、

LINE@始めました!!

友だち追加

ID:redcord-pbl

冷やし中華.jpg

(※冷やし中華はやってません!!)

Teacher Jelly's.jpg

LINEで予約・お問い合わせが出来るのはもちろん、

ポイントを集めてもらえる特典や、

スポーツ栄養やダイエット情報も発信していきます!!

 

是非ご活用ください(^_-)-☆

友だち追加

QRコードはこちら!

【五十肩】五十肩は「姿勢改善」だけでは治らない?

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

今回のタイトルは、

かなり誤解を与えてしまいそうですが…

結論から言うと、「原因となる要素が多い」んです!

 

五十肩は、症状や原因が本当に様々で、

40~50歳頃から肩が痛くなる人が多くなることから

わかりやすく「五十肩」と総称しているだけで、

年齢が原因になっているわけではありません。

 

ざっと「五十肩」の原因を上げると、

・関節の変形

・腱板断裂

・肩インナーマッスルの拘縮

・脱臼の後遺症

・巻き肩(姿勢不良)

などなど…

 

かなり大まかに書いてますが

細かく分類すると本当にたくさんで、

しかも2~3つの要素が合さってる場合がほとんどです!

 

例えば、肩インナーマッスルの拘縮が

あなたの「五十肩の原因」だとして、

「なぜ肩インナーマッスルが拘縮したのか?」を考え出すと、

本当に色んな要素が絡んできます。

 

 

「2度と痛みを再発させない」をモットーとする僕は、

「五十肩の本当の原因を突き止める」のに苦労します。

性別や運動競技によっても全く違うので、…

 

治療期間中のリハビリもかなり重要で、

痛みを増大させないようなリハビリの提案にも気を遣います。

 

筋肉の質も肩甲骨の動きに大きな影響を与えるので、

腰痛の患者様に限らず、五十肩の方にも

毎日しっかりお水を飲むようにお伝えしています。

(五十肩に悩む方の多くが、あまりお水を飲まない印象です)

 

僕がまず患者様と一緒に取り組んでいくのは、

・悪化させないこと

・痛みはあるけど可動域が拡がること

を心掛けています。

 

「早く痛みを取る」というのはもちろんですが、痛みに執着してしまうと、

リハビリに取り掛かるタイミングがどんどん遅くなってしまいます。

そうなると、可動域の回復が遅れてしまい、

日常生活での肩の使用頻度が少なくなっていくので、

結果的に治療期間が長くなったり、他の部位に負担がかかっていきます。

 

肩に限らず、人間のカラダは、「自由に動いてなんぼ」。

 

自由に動かない部位は段々弱くなっていき、

弱くなった部位を補うために他の部位に負担が溜まっていく。

そして、違う新たな痛みを引き起こす。

それでは快適な生活はできませんよね。

 

「五十肩治療」の第1歩は、

まずは動かせるようになること!

「肩を動かす」という感覚を思い出させること!

そこが重要だと考えています。

 

レッドコードを使った『無重力整体』は、

腕や頭の重さを肩関節に与えずに

肩の可動域訓練ができます!

 

脱臼直後や手術の後でも安全にリハビリができますので、

まずは1度、ご相談ください(^o^)/

 

 

 

  • Category:
  • Author:pbl

【体質改善】『体質改善ダイエット』を始めて2ヶ月の成果報告

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

今日は「体質改善ダイエットの成果報告」です!

 

・体重-3㎏

・体脂肪-6.5%

・内臓脂肪-2Lv.

2ヶ月体型変化_R.jpg

9月から1日30分の筋トレを始めました!

(とは言え、結局10日分くらいしかできなかったですが…)

 

基本的には食事管理がメインです!

栄養バランスの良い食事をしているおかげか、

以前より筋肉の付き方が良いような気がします!

 

スポーツで良い結果を出したかったら、

食事を見直すことは今や常識ですよね!

 

良いパフォーマンスの出せるカラダ作りは、

トレーニングと食事の両方を意識すること!

  • Category:
  • Author:pbl

【体質改善】味覚が整う4つの飲み物

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

今回は「味覚が整う4つの飲み物」をご紹介いたします!

 

まず簡単に「味覚が整う」メリットはというと、

・ジャンクフード・お菓子が食べたくなくなる

・空腹感を感じにくくなる

・薄味でも美味しく感じられるようになる

などが挙げられます!

 

「どうしてもポテトチップスが食べたい!」

「チョコレートがやめられない!」

などの方は、

最近では「糖質中毒」なって呼ばれたりしています。

(最近は何でもすぐ病気扱いですね…)

 

この「糖質中毒」(わかりやすいので使いますが)の方は、

「味覚」が乱れていて、味が濃い物・甘い物じゃないと、

「満足できない舌」になっていることが多いそうです。

 

そうなると、カロリーの高いジャンクフードや濃ゆい味付けの物、

糖質の高い甘い物を食べないと気がすまなくなってしまいます。

 

そこで「満足できない舌」を整えてくれる、

ありがたい飲み物を紹介します!

・お水(王道)

・お茶(家で沸かしたもの)

・ブラックコーヒー(お湯で淹れたもの、1日2杯まで)

・ハーブティー(お好きなものをどうぞ)

の4つです!

 

水は言わずもがなの王道ですね!

お茶は家で沸かしたものが好ましいです!

ブラックコーヒーは、缶コーヒーはやめましょう!

ハーブティーはクセがあるので、お好みのものを!

 

1回飲んだだけで味覚が整うわけではないですが、

ダイエットに限らず、今後の健康管理にも重要な部分です!

 

手軽に始められる健康習慣なので、

是非試してみてくださいね!(^^)/

  • Category:
  • Author:pbl