新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

【雑記コラム③】今、1988年式の車に乗ってて、メンテナンスしないの?

こんにちは!

「脱力」と「食事」で、
"硬くならないカラダ"へ導く柔道整復師
「しなやかフィジカルセラピスト」の奥村です!!

 

この雑記コラムは、
患者さんからの質問や、
僕がセラピストとして感じたことを、
"100%僕の主観"で書くコラムです!

 

先日、患者さんからこんな質問をいただきました。

「なんで定期的にメンテナンスしないといけないんですか?」

まさに「セラピストに対する本質」をついた質問ですね!!

この「なんで?」に対して僕の答えはというと、
「自分と"同い年の車"にメンテナンスなしで乗りますか?」
です。
 

自分を"車"に例えてみてください。
僕は、
「1988年生まれ」=「1988年式」の車です。
今は2019年なので、「31年前の車」ということになります。

そんな車で"現代社会"を走ろうと思ったら、
あなたは何を考えますか?
・「タイヤや足回りを整備しなくちゃ!」
・「エンジンは大丈夫?」
・「オイルやバッテリー交換もしなくちゃ!」
・「ボディもキレイにコーティングして…」
なんてこと考えませんか?

コレを全部「自分のカラダ」に当てはめてみてください。
・タイヤや足回りの整備→足腰の安定、強化
・エンジン→血管や内臓の状態
・オイルやバッテリー→血液の循環や代謝
・ボディをキレイに→姿勢、肌、表情

などなど。

「自分が求める快適な走り」に必要な項目が見えてきませんか?

 

本当の車だったら、
買い替えれば済む話かもしれませんが、
自分たちのカラダは買い替えることが出来ません。

自分のカラダは、
「一生乗り続ける自分専属の車」って考えてみませんか?

"長く快適に乗り続ける"

「定期的にメンテナンスする理由」なんて
そんなもんでいいんじゃないでしょうか?

【姿勢】姿勢が整うと前頭葉が活性化する!?

繰り返す痛みを姿勢から改善させる柔道整復師

無重力セラピストの奥村です!

 

本日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!(^_^)

 

いきなり結論から言いますが、

姿勢が整うと、前頭葉が活性化して

集中力が高まるんです!!

 

それはなぜかというと、

カラダに取り込まれる酸素の15%を消費すると言われる脳には、

たくさんの酸素とブドウ糖が必要です。

 

集中力を司る「前頭葉」は、

仕事や勉強、スポーツの場面でたくさんのエネルギーを消費します。

たくさんのエネルギー(酸素とブドウ糖)を消費したら、

消費した分だけ補給しなければ活動できなくなります。

 

その酸素とブドウ糖を脳に運ぶのは血液です!

姿勢が崩れて、いわゆる猫背になっていると、

横隔膜の動きが悪くなり、呼吸が浅くなって

脳への血液の供給が滞ってしまいます。

 

脳への血液の供給が少なくなると

頭がボーっとしたり、眠くなったり、

頭痛になったりしてしまいます。

そうなってしまうと、

仕事や勉強、スポーツのパフォーマンスが落ちてしまいます…

 

たかが姿勢がですが、

姿勢によってパフォーマンスや効率が下がってしまうのは、

すごくもったいないですよね。

 

これからの受験や仕事納めに向けて

パフォーマンスの上がる姿勢になりませんか?

 

目標の高い低いにかかわらず、

姿勢が整うことは、メリットしかないですよ(^o^)/

【ぎっくり腰】40代男性 歩くのもつらいぎっくり腰にレッドコード治療

こんにちは!フィジラボです!

 

今回は年末にぎっくり腰になった患者さんの話。
かなり忙しくて仕事で無理をしたらしく、
見事に腰を曲げて来院されました。

【患者様情報】
・40代男性 作業仕事(経営者)
・昼夜問わず作業アリ
・12月は特に忙しい
何度もぎっくり腰を経験している
歩けなくなるギリギリまで我慢しちゃう…

【症状】
・背筋を伸ばして歩けない
・車から降りるのに15分かかる
・腰が伸びない
・すり足歩きしかできない

かなり痛々しいですね…
まずは痛みを何とかしなければ!!

ということで、レッドコードで
大腰筋腰背筋膜を緩めていきます!

いきなりベッドに横になるのが難しい場合は、
座ったまま治療を開始します。

ベッドに横になれるようになったら、
また更に深く治療をしていく流れですね⤴

 

治療の後は笑顔が戻って、
かなり軽快に歩けるようになってました!

本当はもう少し期間を詰めて治療をさせてもらいたいんですが、
お仕事も大変みたいですからね…

時には我慢しなくちゃいけないこともあると思いますが、
爆発する前に来てくださいね!

【雑記コラム①】フィジラボが提供している"1番の価値"は『ゆるみ』です。

こんにちは!フィジラボです!

 

先日、「歪みを整えてほしい」という要望の新患さんから、
「ここ(フィジラボ)は、なんでこんなに(料金が)高いの?」
と聞かれました。

 

結論から言うと、
フィジラボが"1番自信を持って提供している価値"は、
『ゆるみ』です。

僕は、人間のカラダが完全に『ゆるんだ』状態になれば、
慢性腰痛や肩こりは、なくなると信じています。

だって、慢性腰痛や肩こりって、
筋肉が硬くなって症状が出てるんでしょ?
だったら全身の筋肉が『ゆるめば』症状は消えますよね?

そして、多くの方が、
日常生活の中で全身を『ゆるませる』ことが出来ずに、
様々な症状や不調を訴えています。

 

さらにすごく重要な要素ですが、
人それぞれに『ゆるむ』に対するニュアンスが違うんです。
・心地いい
・落ち着く
・安らぐ
・安心する
・筋肉が柔らかくなる
・疲れが取れる
・筋肉が伸びる
・メンタルが穏やかになる
などなど、本当に様々です。

ということは、
人によって『求めるゆるむ』も違うということなんです。

 

フィジラボでは、
この人によって違う『求められるゆるむ』を追求することに
全力を注いでいます。

 

初診から3回ほど通われて、
本人も納得するほど、歪みが整っているにもかかわらず、
 

よくよくお話を伺っていくと、
その方は"長い時間、強めのマッサージをしてくれる"
ことが要望だったわけでした。

 

【肩こり】ヨガ棒を使って肩こり改善!肩甲骨を動かせば胸が開く!

こんにちは!フィジラボです!

 

 

今回は「ヨガ棒」を使った運動療法です!

・肩こり
・猫背
・ストレートネック
・五十肩

などは、
小胸筋という胸と肩の間にある筋肉が硬くなり、
肩甲骨が自由に動かなくなることで起こります。

いわゆる「巻き肩」と言われるのもコレ↑ですね。

 

そんな方におススメしたいのが「ヨガ棒」!!
"棒を担いだままヨガをする"という、
かなり斬新で、肩こりが抜群に軽くなる様子がコチラ↓

「ヨガ棒」を使うと棒が勝手に胸を開いてくれたり、
肩甲骨を動かしてくれるので、
「肩甲骨が浮いてる⁈」
という状態に導いてくれます!

・自分で動かそうとしてもよく分からない
・どの運動が正しいのか分からない
・動かして痛めてしまうのが怖い

などの不安をお持ちの方は、
是非「ヨガ棒」を体験してみてください(^_^)

 

 

【股関節】足首のズレは、重心が傾いて、股関節を痛くする可能性がありますよー。

こんにちは!フィジラボです!

 

今回の記事では、
足首が腰痛や股関節痛、
姿勢に与える影響を知ってもらえたらと思います!!

先日来ていただいた、新患さんを例にお話します⤴
(写真は撮らせてもらったのですが、
 ブログに載せても良いかを聞き忘れました…)

 

【患者様情報】
・50代女性
・細身
・長時間立っていることが多い

【症状】
・疲労が溜まると痛くなる
・激痛の日がある
・まったく痛くない日もある
・骨盤がフラフラする感じがする

 

結論としては、

「右足首の関節のズレで、重心が傾き、
右の股関節に体重がたくさんかかってた」


という感じです⤴

 

なので、治療的なことを言うと、
"どんなに右股関節を治療しても、
根本的な原因である右足首を治療しないと治らない"

ということになります。

だって、"右足首が根本原因"ですもんね。

 

今回は、患者さんともしっかりお話をして、
"根本原因の右足首"の治療もしていく前提で、
まずは「右股関節周りやお尻の筋肉」を緩めていきました。

 

ちゃんとお互いに共通理解・納得してから、
一緒に改善に向かっていきたいですね(^_^)

将来的にヨガをやりたいそうなので、
まずはしっかりカラダを整えていきましょう!

【頚部痛】「上を向くと首の後ろが詰まる感じがする」ならココを緩めよう!!

こんにちは!フィジラボです!

 

今回ご紹介する動画は、
慢性的に首が痛い方や
首から顎まわりに違和感がある方に、
ぜひ体験してほしい内容です!!

 

「上を向くと首の後ろが詰まる」
「寝ている時に歯を食いしばっている」
「アゴ周りが張ってる気がする」

なんて方には、
頚長筋という筋肉を緩めていきます!

この筋肉ですね↓

IMG-2253_R.JPG

この筋肉が硬くなると

・首の上を向く動作を邪魔したり、
・慢性的な首こりになったり、
・寝違えなどにもなりやすくなってしまいます。

 

かなり深いところにある細くて長い筋肉なので、
普通に触ろうとすると触りにくかったり、
痛くてそれどころじゃない!!
なんてことになるんですが、
レッドコードで首にかかる頭の重さ
重力を取り除いてあげれば、
何の抵抗もなく触ることが出来るんです!
 

見た目は怖そうなことをしてるように見えますが、
百聞は一見に如かず!
ぜひ一度体験してみてください(^_^)

寝違えたその日でも大丈夫ですよ(^_-)-☆

【痛みコラム④】中学2年生男子の膝の痛みが、メロンパンを食べなくなったらなくなっちゃった!!

こんにちは!

「脱力」と「食事」で、
"硬くならないカラダ"へ導く柔道整復師
「しなやかフィジカルセラピスト」の奥村です!!

 

今回のコラムは、
「痛みコラム」「食事コラム」どっちに書くか迷ったんですけど、
『痛み』に注目することにしたので、「痛みコラム」に書きます!
(メロンパンに注目しても書くことないんで…笑)

 

タイトルにある通り、
中学2年生男子バスケットボール部の選手で、
膝を痛めた(オスグット)患者さんです。

 

「オスグット」っていうのは、
膝のお皿の真下にあるポコッと小山の部分が
炎症を起こして痛くなること。
Inked骨正面_LI.jpg

10代の成長期にスポーツをやっている選手に多い疾患です。

一般的に「成長痛」という名前で理解されている方も多いと思いますが、
「成長期に多い」ってだけで、ちゃんとした整形外科疾患です!
(本当に「成長痛」だったら、10代全員に痛みが出ないとおかしい)

 

ここが1度炎症を起こしてしまうと、正直なかなか治まってくれません。
その理由は大きく3つ
・「成長痛」だと侮って、初期にちゃんと処置をしないことが多い
・なかなか部活を休ませてもらえず、治療に専念できない
・ジュース、お菓子、菓子パンが大好きなお年頃

どの理由も「オスグット」がなかなか改善しない要因になりますが、
僕はジュース・お菓子・菓子パンの影響を重くとらえています!

 

ここで結論を言ってしまうと、
「糖質」は炎症細胞のエサになるので、
ジュースやお菓子などの砂糖を摂りまくっていたら、炎症は治まりません。

それがたとえ、
・ちゃんとした治療を受けたとしても
・治療に専念するために部活を休んだとしても
ジュースやお菓子などの砂糖を摂りまくっていたら、炎症は治まりません。

 

厳しいことを言うようですが、これが事実なんです。

実際にフィジラボに来られた中2バスケ部の彼は、
"メロンパンを食べるのを辞めたら、痛みがなくなった"んです!

治療は1回しかしてません。
魔法の様な治療をしたわけでもありません。

半信半疑かもしれないですが、
これは絶対に試してほしいです!!

このままドンドン悪化させてしまうだけなら、
時間に限りのある部活動を本気で頑張りたいなら、
信じられなくてもいいんでやってみてください!!

カラダは正直ですから(^_^)
大丈夫。きっと治るよ!

【背部痛】肩こり~背中の痛みはアキレス腱が原因だった⁉

こんにちは!フィジラボです!

 

 

あなたは肩こりや背中の痛みと、
アキレス腱が関係してるって知ってました?

 

分かりやすく言うと、
カラダの後面全体は筋膜で繋がっているんです!
(もちろん全身繋がっていますが)

 

【患者様情報】
・50代女性 デスクワーク
・長時間座り姿勢
・通勤で歩くように意識している
・仕事が落ち着いたらヨガしたい

【症状】
・朝起きると背中が痛い
・仕事していると背中が痛くなってくる(夕方)
・足がむくむ
・冷え性

 

3か月前から通勤時に歩き始めて、
最初は調子が良かったが、
寒さと冷え性がきつくなってから、
背中に痛みを感じるようになったそう。

 

全身のバランスをチェックして、
足首の可動域(動く範囲)を確認したら、
可動域がかなり狭くなっていました。

 

足首の可動域が狭くなると、
ふくらはぎやアキレス腱の動きが小さくなるので、
血流が悪くなり、筋肉も硬くなりやすいです。

 

そのアキレス腱周りの硬さが、
筋膜のつながりを通して、
背中にまで影響を与えてしまっていました。

 

なので、
背中の痛みが主訴だったのですが、
しっかり説明をさせてもらって、
足首・アキレス腱にアプローチ!

 

患者さんは半信半疑でしたが、
治療後は「え⁉なんで?」ってリアクション⤴
僕は( ̄ー ̄)ニヤリ

原因がちゃんとわかれば、こんなことも全然あり得ます!!
 

あなたがもし、同じような症状で、
なかなか治らずに困っているとしたら、
それは原因が分かってないからかもしれません。

まずは正確に原因を見つけることが大切ですよ!(^^)!